青汁のおすすめからランキングまで

青汁生活

青汁

青汁の原材料は?

更新日:

青汁の原材料は栄養満点!

そもそも青汁とは緑葉野菜を絞ったものです。その原材料である緑葉野菜には様々なものがあり、それぞれ使用されている緑葉野菜の種類によって味や栄養価が変わってきます。

代表的なのは大麦若葉ケールですが最近ではあまり聞きなれない珍しい緑葉野菜も使われていることが多くなってきました。

ここでは一般的なものからマイナーなものまでいくつか紹介していきたいと思います。

大麦若葉

青汁と言えば大麦若葉というほど青汁の原料としてはメジャーであり、苦味が少なくマイルドな口当たりで飲みやすいのが特徴的です。また栄養素がとても豊富でビタミンやミネラル、鉄分、食物繊維などが多く含まれています。

 

ケール

大麦若葉同様、青汁の原料として有名なケールは栄養豊富で特にメラトニンと言われるケール特有の成分は体内時計に働きかけ睡眠と覚醒の切り替えをスムーズにし良質な睡眠を促します。
またホルモンバランスを正常にするための抗酸化作用があるのも特徴的です。

明日葉

明日葉はセリ科の植物であり、特有の苦みと香りがありますが明日葉にはカルコンという他の作物にはない成分があります。
このカルコンはポリフェノールの一種で抗酸化作用に優れており、老化の原因である活性酸素を取り除き免疫機能を向上させるなどの優れた効果があると言われています。

よもぎ

よもぎはキク科の植物で外に出ればあちらこちらで見かけるとても繁殖力の強い植物です。その香りは独特で色々な料理に使われていますが栄養素はとても豊富でビタミンCや食物繊維、カロテンなど健康維持には欠かせない栄養素が豊富に含まれています。
中でもヨモギに含まれるクロロフィルという成分は貧血の予防、改善に効果的で又、コレステロールを正常化する作用もあると言われています。

クロレラ

クロレラは藻の一種で葉緑素を豊富に含みビタミンC、ビタミンA、鉄分、亜鉛、マグネシウム、タンパク質なども多く含まれています。
クロレラの成分は活性酸素を体内から取り除き働きかける効能や抗酸化作用により病気に強い健康な身体を作るのに効果的と言われています。

クマザサ

クマザサは漢字で「熊笹」と書きますが動物園などでパンダがよく食べているあの笹です。
クマザサは万能薬と言われるほど成分が豊富でビタミンB1、B2、ビタミンC、鉄、カルシウム、クロロフィル、食物繊維といった健康維持には欠かせない様々な有効成分が含まれていまれ、また殺菌力が強いことから風邪薬や漢方薬、傷口の手当てなどにも使われています。

珍しい原材料の青汁

ユーグレナ

ユーグレナはミドリムシのことを言います。
ユーグレナは植物の性質と動物の性質の2つの特徴をあわせ持つという珍しい特徴があり、その栄養価の高さは絶大で人間に必要な栄養素はユーグレナだけで補えると言われるほどです。
ミドリムシに含まれる栄養素は、ビタミン類とミネラル類、アミノ酸に不飽和脂肪酸など全59種類もあります。まさに美容と健康をサポートしてくれる最高の食材と言えるでしょう。

 

他にも青汁の原材料には様々なものが使われていますが、青汁を初めて飲む方におすすめなのが

  1. 4種の国産青汁原料
  2. 181種類の酵素
  3. 3種の美容成分
  4. 贅沢サポート成分

をたっぷり凝縮配合しためっちゃ贅沢フルーツ青汁です。

 

-青汁

Copyright© 青汁生活 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.